メンズビター系でダサいと思われないようにするためには?

アナタの思う、オシャレなメンズビター!ってどんな存在ですか?高級ブランドに身を包んだ人?それともシンプルな格好でノームコア風にまとめた人?オシャレな定義って色々ありますが、共通していえるのはちゃんと着こなせているかどうか。

「こなれ感」が大事だったりします。
どこかちぐはぐなファッションが、「ダサい」と感じるのはコレが原因。

ちゃんと着こなせていないんです。

さて、アナタはどうでしょう?
ビターのトレンドを押さえてるから大丈夫でしょ!って思っても、周りからみたらダサいだけ、なんてならないように「ツボ」をきちんと押さえていきましょう。

なによりもサイズ感!

自分がいつも着用しているサイズはもちろんわかりますよね。トップスもボトムスもそのサイズに合わせて買うから、新しいアイテムでもいつものサイズ感で着れるのは間違いなし。

でもそれ、本当にイマドキっぽいサイズ感ですか?

例えばショーツ。
ハーフ丈で膝が隠れてしまうような丈感はチト古いです。

トップスも、オーバーサイズなのかサイズを間違えたのかわからないようなサイズ感、選んでませんよね?サイズ感はとても重要な要素で、例えワンサイズ落として着用したとしても、イマドキっぽいシルエットに仕上がるなら全然アリ。

よくわからない!って人は、雑誌「BITTER」を参考にしましょう。そして自分がカッコいい!と思うモデルさんを見つけ、そのモデルさんのサイズ感を頭に叩き込むのです。

メンズビターのモデルさんのサイズ感をまるっとコピーしちゃいましょう。

季節感も最重要事項!

差しアイテムとして、夏場のコーデにあえて重厚なブーツを合わせたりするコーデがあります。

それはもちろん「差し」アイテムとしてで、同じになりがちなコーデにスパイスを入れる意味で、スタイリストさんが行う行為だったりします。

これを私達のような一般人が真似するとどうでしょうか?
やっぱりちぐはぐになっちゃうんです。

スタイリストさんが選ぶブーツは、夏に使ってもまあまあおかしくないような、色や形だったりを厳選します。ところが私達は、冬場にヘビロテしたブーツをそのまま使うので、ちぐはぐになります。

ここは大人しく、季節感を大事にしたコーデを重要視しましょう。
シューズだったら、夏場らしくエスパやスリッポン、サンダルを合わせましょう。
コレって意外と重要なことです。

もしブーツを合わせるようなコーデにしたいなら、素材がレザー製のスリッポンや、オペラシューズを合わせると◎

色のバランス、大丈夫?

今季流行のパイル地セットアップや、ボタニカル柄。
元気で夏らしい柄ですが、合わせ方によってはゴチャゴチャになるので、注意が必要。

色のバランス感を間違うと、第一印象と同じで、見られただけで決まってしまうので、一気に「ダサい!」とレッテルを貼られてしまいがち。

トップスに柄を持ってくるならボトムスは控えめに。
インナーは無地にしてバランスを取る。
ボトムスの柄で遊ぶなら、トップスはカッチリとポロで合わせる。
等々、コーデを「引き算」して考えるようにしましょう。

着るだけで楽しい気分になる、ビタ男の服は、アレコレ合わせていると「全身、柄!」なんて奇抜なスタイルになってしまいがちです。

元気でヤンチャなメンズ、トレンド感をしっかり持つ「メンズビター=ビタ男」の根本を忘れずに。

*おすすめのビタ男記事*
ビタ男とは?BITTER流のファッションをこよなく愛するメンズ!

Pocket

ビタ男に欠かせないメンズファション

ビタ男のおしゃれが理解しやすいのはやはり公式サイトです。
20代~30代の男性に人気が高く、これから新しいファッションに挑戦したいと考えている方にもかなりおすすめです!「今流行りのファッション」をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

プライベートの服装でも使えるファッションが揃っていますのでおしゃれをしたい人必見のメンズファッションです。

【BITTER OFFICIAL WEB STORE(ビターストア)】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>